審査が甘めという噂の銀行カードローン、果たして本当?

銀行カードローンの審査は消費者金融系よりも甘め、そんな風に囁かれることがあります。

 

ただそれが事実であったとしても、一定の条件をクリアすることができなければ審査落ちしてしまう可能性が高くなることには違いありません。

 

特に申込者本人の返済能力についてはどんなカードローンも一番に重視するわけですが、たとえ収入が高めで返済能力には何の問題もないように見えても、ほかの借入先で延滞などの返済トラブルを起こしている事実が信用情報機関に登録されていれば、審査落ちとなる可能性は極めて高くなります。

 

しかしながら総量規制の対象外である銀行カードローンは、消費者金融系のカードローンと違って年収3分の1を超える借り入れもできるため、今大変人気です。

 

銀行カードローンの審査通過は簡単?

 

さらにその銀行カードローンの人気を後押しする情報の中には、消費者金融系カードローンは何社申し込んでも悉く断られたのに、銀行カードローンに申し込んだところあっさり審査を通過できた、などというものが多いのです。

 

銀行はこれから事業を興す人たちのための借り入れ先、などといったイメージが先行し、気軽に多くの人々が借り入れできる金融機関ではないと思われている時代が長く続きましたが、時代の変化と共に多様なニーズに対応するようになり、小口融資にも対応するようになりました。

 

カードローンの審査で重要ポイント

 

そしてそんな中、多くの人に気軽に利用してもらえるようなカードローンも提供するようになったのです。

 

ただし冒頭でも述べた通り、カードローンの審査において最も重視されるのは申込者本人の返済能力であり、それは審査が甘めの銀行カードローンとて同じことです。融資希望額の多い・少ないに係わらず、十分な返済能力を有していることが審査を通過するための第一条件です。

 

もしも他社で借り入れなど行っておらず、安定的な収入があって金融事故なども起こしていないのであれば、銀行カードローンの審査をさほど不安視する必要はありません。軽い気持ちで申し込んでみましょう。