銀行のカードローンは金利がお得?

銀行のカードローンには最低金利と最高金利が設定されています。

 

借入を利用する場合は出来る事なら金利が低いカードローンを利用したいと考える方は多いと思います。金利は銀行により違ってきます。借入金額の大きさによって適用される金利は変わってきます。

 

10万円の借入を利用した時に金利が3.5%程度で利用する事が出来たらかなりお得に感じる事が出来ますが、実際に10万円程度の借入金額だと最高金利が適用される事の方が多いようです。

 

借入金額で適用される金利は違う

 

銀行系のカードローンを利用する場合、利用する借入金額によって適用される金利は変わってきます。利用する借入金額が大きくなるほど金利は低くなり、利用する金額が少なくなると金利は高くなります。

 

銀行のカードローンを利用する場合に利用する銀行カードローンの最低金利だけを比較して利用してしまいがちになってしまいますが、利用する場合は「自分が利用しようと思っている借入金額に対して適用される金利」をキチンと比較する事が一番大切になります。

 

わかりやすく例えると、300万円を借入利用しようと考えてある場合に、それぞれの銀行のカードローンで300万円を借入利用する場合に300万円利用した時に適用される金利で比較する事が必要になります。

 

金利の低い銀行のカードローンを利用すると損

 

最低金利が3%台に設定されている銀行のカードローンでも300万円を利用する場合は10%の金利が適用される事もあります。逆に最低金利が5%台に設定されている銀行のカードローンでも300万円を利用する場合は7%の金利が適用される場合もあります。

 

このように最低金利が低い銀行のカードローンを利用すると損をする可能性もあるので実際に利用しようと考えている金額に対して適用される金利で選ぶ事が大事になります。

 

銀行のカードローンを利用する場合は最低金利や最高金利で比較して利用するのではなく、利用する借入金額に適用される金利で比較して選ぶ事をオススメします。