銀行カードローンが他のローンへもたらす影響は?

銀行のカードローンは金利が低く総量規制対象外なので使い勝手が良く、利用しているという人も多いのではないでしょうか?

 

カードローンは毎日の生活の中で活用しやすいローンではありますが、結婚して子供生まれ家庭が出来るとマイホームの購入を検討し始めるでしょう。そうなった場合多くの人が住宅ローンを利用したいと考えるでしょう。家を一括購入できる人はそれほど多くないですよね。

 

そうなるとちょっと不安になってしまうのが今現在銀行のカードローンを利用しているということです。今ある程度の借入があるのに、さらに住宅ローンの借入は可能なのかと心配になってしまいます。

 

住宅ローンは大きなローンなので審査も甘くはありません。ではカードローンが他のローンに与えてしまう影響とはどのような事があるのでしょうか?

 

借入があると不利になる?

 

住宅ローンの審査に通るためにはカードローンは返済しておいた方が有利に働くようです。カードローンの借入金額にもよりますが、額が大きい場合は住宅ローンを申込む前に返済しておかないと審査にひびいてしまいます。

 

住宅を購入する際に頭金を用意しているのならば、とりあえず頭金でカードローンは返済しておいた方が良いでしょう。もし申請しないで申込みしてしまおうと考えてもカードローンの利用実績は全て信用機関に残っていますので嘘はつかず正直に申請しましょう。隠すと逆に審査に落ちてしまうこともあります。

 

系列ならば問題ないことも?

 

住宅ローンなど大口のローンの場合は銀行からの融資がほとんどです。今利用している銀行のカードローンが同じ銀行であったり系列銀行であるのであれば、それほど深く考える必要もないかもしれません。

 

もし不安に感じているのであれば利用している銀行に相談してみると良いでしょう。相談にのってくれて良い方法を提案してくれると思います。しかしせっかくなのでこの機会を利用してカードローンは返済しておいた方が良いでしょう。