銀行カードローンは審査が甘いのか

銀行からローンを組んでお金を借りたことのある方であればご存知だと思いますが、銀行には様々なローンがあります。

 

例をあげると住宅ローン、教育ローン、自動車ローンなど。そしてこれらに共通しているのが「とても審査が厳しい」という点で、この審査を受けかつ通過するのが銀行からお金を借りる際の難関ポイントとなっています。

 

しかし、あちこちで宣伝をよく目にする「銀行カードローン」は「審査が甘い」ということをご存知でしょうか。意外だと思われる方も多いでしょうか、銀行も商売です。小口の借入先をどんどん開拓して利益を確保するためにも、個人の顧客にも気軽にどんどん借入をしてもらおうという方向です。

 

その流れのなかで「銀行カードローン」も次々と登場してきました。この銀行カードローンは借入限度額か50〜500万円と幅広く設定されており、また金利も低く抑えられているのが魅力的なポイントです。

 

審査が甘いのは本当か?なぜ甘いのか?

 

ではなぜ、銀行カードローンの審査が甘いと言われているのでしょうか。

 

消費者金融系のカードローンと大きく異なる点が、「銀行カードローンは総量規制の対象外である」という点です。そのため収入の3分の1以上の借入も可能になり、審査が甘いとされるポイントの1つになっています。消費者金融系だと収入の3分の1以上の借入をすることができません。

 

もう1つが収入に関する点です。住宅ローンなどは十分に返済をしていけるだけの安定した収入があるかどうかが重要視されますが、銀行カードローンはこの点に関しても審査が甘くなっています。

 

もちろん、十分な返済能力があるかどうかは審査を通過する重要ポイントであることには変わりありませんがそれでも他のローンに比べると審査基準がかなり緩やかなものとなっています。

 

上記のような理由で銀行カードローンの審査は甘いと言われているのです。