銀行カードローンの延滞によって起こること

銀行カードローンを使うに当たって、一番気を付けなければいけないことはなんでしょうか。

 

それはもちろん、決められた期日までにきちんと返済するということです。

 

しかし、実際には何らかの事情によって期日までに返済ができないということも起こりうるかもしれません。

 

では、延滞をしてしまうといったいどのようなことが起こるのでしょうか。

 

督促が来てしまう

 

銀行カードローンを利用して延滞してしまうと、支払がされていない旨を伝える督促状が来てしまいます。その手段としては書面か、または電話がかかってくるという場合もあるようです。

 

突然取り立てに来られるようなことはありませんが、だからといって安心してしまってはいけません。延滞はしないというのがカードローンを使う際の基本なので、くれぐれも注意が必要です。

 

遅延損害金って?

 

銀行カードローンで延滞をしてしまったら、督促状が来るだけでは済みません。やはり、それなりのペナルティというものが存在します。それはどんなものかと言うと、延滞した日数のぶんだけ、遅延損害金というものが発生するのです。

 

銀行カードローンによってその中身は変わってきますが、利率が上がってしまう場合がほとんどのようです。本来であればせいぜい5%〜15%ほどの金利であるはずが、遅延損害金のせいで20%程度まで上がってしまうということもあるのです。

 

これではとても損をしてしまいますよね。計算方法も一応記載しておきますと、借入金額×遅延損害金年率×365に延滞した日数をかけることによって算出できます。しかし、できればこのような計算をすることがないように気を付けたいものです。

 

信用を失う恐れも

 

銀行カードローンで延滞をしてしまったことによって、信用を失うというリスクも発生します。

 

具体的にはどのような影響が起こるかというと、例えば利用限度額を減らされてしまったり、さらにはブラックリストに載ってしまうという危険性もあるのです。一度くらいの延滞なら大丈夫だと思っていると、思わぬリスクを背負うことになってしまいます。

 

延滞しそうになったら、まず連絡

 

どうしても延滞してしまいそうだという場合は、まずは担当スタッフにその旨を伝えるようにしましょう。それによって延滞が取り消されるわけではありませんが、黙って延滞してしまうよりは心証は良くなるはずです。