カードローンの返済は時効が存在する

カードローンの返済には時効が存在します。銀行系や消費者金融系のカードローンの借り入れを利用した場合の時効は5年となっています。

 

債権者が権利を行使出来る期間は5年間となっており、その権利を5年間行使せず行使した場合は債権が消失し債権者の返済する義務がなくなるという事です。時効があるからといって借金を返済する事なく踏み倒すという事をする事はしてはいけません。

 

カードローンの返済の時効は認められる場合と認められない場合があります。5年間債権者が権利を行使しない状態が続いた場合は時効が認められます。例えの1つとして、利用していた消費者金融が業績悪化等で店舗経営や貸し出し業務をしてしまった時に返済するためのATMだけは利用する事が出来るので返済する事を続けていたのですが、返済用のATMすらもなくなり廃業したのだと思って返済する事をやめました。

 

そのまま消費者金融側から連絡がないまま5年間経った場合は内容証明郵便を利用して援用通知書を送る事で債権者の承認の有無に関わらず時効となります。時効を認められる事はごく希でほとんどの場合は廃業前に送金依頼を通知してきます。

 

時効が認められない場合について

 

それに比べ時効が認められない事はよくあります。債権者が権利を行使する場合、内容証明を送り6ヶ月以内に裁判で訴訟をするとそれまで経過した日数が無効となり時効が中断します。

 

例え後1ヶ月程で時効が成立する場合でも、時効成立までに内容証明が送られて裁判上の請求があった場合は時効が元に戻ります。そうなると給料の差し押さえをされたり、今までの利用期間分の延滞損害金や利息を一括で返済する事を求められたりする事があります。

 

債権者は内容証明の送付と訴訟を時効が成立する5年以内に必ずしてきますので、5年の時効を目的とした借り入れを利用して返済を延滞・滞納しても意味がないと思っていた方がいいでしょう。自分のが利用した借り入れは返済期日までにきちんと返済する等、正しい利用をしてください。