カードローンの返済が遅れそうな時はどうするべきか

カードローンの返済が遅れそうだとあらかじめわかっているならば、利用しているカードローン会社に迷わず連絡を入れてください。

 

連絡を入れておけば督促状の発行を止められるだけでなく、返済の意思があると主張することにもなるので、カードローン会社に対してポジティブな印象を与えることにもなります。

 

カードローンの返済を延滞してしまうと信用情報に延滞したということが記録されます。お金関係のトラブルを事故情報といいますが、いわゆるブラックリストというのがこれにあたります。

 

遅延するとブラックリストに載ってしまう?

 

たった一度返済が遅れてしまっただけでブラックリストに載ってしまうのかといえば、そうではありません。一回の延滞で載ってしまうことはごく稀なことで、数回の遅延なら載ってしまうことはまずありません。

 

ブラックリストに載る明確なラインは発表されていませんが、悪質と判断されるような場合でない限り心配する必要は全くないのです。では悪質とはどんな場合を指すのでしょうか。例えば返済を3ヶ月滞納したらブラックリストに載ります。

 

リストに載ってしまったら5〜10年は記録が消えませんので、その間はお金関係のあらゆる方面で不利になってしまうことになります。また数回の延滞は心配ないといいましたが、それにも限度があり、軽い気持ちで何度も繰り返してしまうとカードローン会社の信頼を失ってしまいます。

 

その結果、新たな借入ができなくなったり、カードが返済専用になってしまうなどの不利益が発生する可能性がぐっと高くなります。もちろんブラックリストにも載ってしまう可能性も高くなりますから、うっかりミスや、払えるのに払わないなどということは絶対にしなように気をつけてください。

 

返済が遅れるとどうなってしまう

 

返済が遅れた場合、心配するのはブラックリストだけではありません。返済が遅れれば遅れた日数分だけ遅延損害金がかかります。

 

これは借入残高にかかってくるお金で、借りた時の金利とは別計算になります。カードローン会社によってどれくらいかかってくるかは違いますから、遅延してしまったら金利とは別に遅延損害金を支払うことになるのも忘れないでください。