カードローンの返済日に間に合わない場合は?

カードローンは利用限度額内であれば何度でも借入出来る便利さがあるので利用しているという人も多いのではないでしょうか?

 

しかし何度も利用している間に、返済日にまでにお金が用意できない、ということもあると思います。そのような時にはどのように対処したら良いのでしょうか?人によっては知らないふりを決め込んでしまう人もいるでしょう。

 

返済日に間に合わないということは誰にでも起こりうることです。できればそのようなことがないのが一番良いのですが、もし間に合わなくなってしまった場合には、知らないふりなどしないでカード会社に連絡を入れましょう。

 

事前にしっかりと返済が遅れてしまう事実を連絡しておけば督促されることは避けることができます。延滞してしまった事実は変わりませんが、1本連絡を入れるだけで内容も印象も違うものになるでしょう。

 

返済が間に合わなくなった時にとるべき対応

 

カード会社の担当者にいつまでなら返済が出来るかしっかり伝えて、その期日は守らなければいけません。ちなみに延滞している間は当然ですが、カードの利用が出来なくなってしまいます。カードが使えなくなってしまうと結果困ってしまうのは自分なので、早めに返済するようにしたほうが良いのです。

 

中には返済できない旨を連絡すると返済日の変更してくれたり、また返済金額の減額を行ってくれるところもあるようです。もし自分が返済に間に合わなくなった場合はそのような対応はしていないのかどうか、事前に確認してみると良いでしょう。

 

返済日を延長してもらったにもかかわらず返済できない場合には、カード会社からの督促も強いものになってくるでしょう。怖い人が無理やり取り立てにきたり嫌がらせを行うなど銀行や消費者金融では行うことはありません。

 

しかしいずれ何らかの法的処置は取られてしまうことになるので、そんなことになる前に早めに返済してしまいましょう。延滞した情報は信用機関に残ってしまいますので、今はいいや、と思っていても将来的にローンを組みたい時などネックになってしまうので延滞はしないほうが良いのです。