返済が難しいなと思ったらすべき事は?

借り入れを行えば返済をするのは当たり前の事と言えますが、場合によっては返済が難しくなってしまう事があるでしょう。

 

返済できなくなる理由というのは人それぞれ違いますので、ケースによって対処も変わってきます。

 

例を上げると、急な出費が続いて今月分だけ返済が遅れそうという場合なら、速やかにカードローン会社に連絡をし、返済ができない事を素直に伝えましょう。遅延損害金の支払いはありますが、大抵は担当者が返済日を変更してくれるなどの対処をしてくれます。

 

ここで大事なのは、結局遅延損害金を支払うことになるなら連絡をしなくてもよいだろうと勝手に判断する事です。カードローン会社からの連絡に対応しないなども絶対に止めましょう。信頼関係をなくしては、今後はより厳しくなるものと察して下さい。

 

決められた返済日に返済がなければ、場合によってはカードローン会社から勤務先などに連絡が入る事になります。最終的にはご自身がもっとも困ってしまうことになりかねませんので、返済ができない時はすぐに連絡を入れましょう。

 

おまとめローンや借換えの検討

 

また、返済がひと月ではなくこの先も暫くできなくなってしまったという時には、おまとめローンや借り換え検討してみるのもよいでしょう。特に複数からの借り入れをしている方などは、おまとめローンにする事で金利が下がり総返済額を減らせるといったメリットも生まれます。

 

おまとめローンは、消費者金融会社だけではなく銀行系のカードローンでも行っているので、ご自身の状況に合うものを選択すれば、きっと返済の手助けとなってくれるでしょう。この時大切なのは、おまとめローンにした事で返済が一本化されたため、また別の借り入れを行うなどといった行動をしない事です。

 

そもそもおまとめローンにしたのは、今の返済が滞ってしまうという危機感からだという事を忘れずに、まずは今の借金を全て返す事に努力をしましょう。返済が難しいと思ったら、まずはカードローン会社の担当者に相談をするのがよい対処法と言えます。