自営業の場合は在籍確認に時間がかかることも

金融機関のサービスに申込みをした場合、必ず勤めている会社に在籍確認の電話が行くようになっています。

 

これは本当にその会社で働いているのかを確認するためのものなのですが、一般的な会社で働いている方であれば在籍確認の電話はスムーズに行われるこのですが、これが例えば自営業だった場合は、在籍確認を取るのが難しい場合もあります。

 

例えば飲食店やショップの場合であれば、店舗を構えて営業しているので在籍確認をすることはさほど難しいものではなくなります。しかしマンションの一室や、また自宅で自営を行っている場合には、在籍確認と言うものが難しくなってしまうこともあるのです。

 

このような働き方は、外から見てしっかりと営業しているのかが非常にわかりにくいものです。もともと在籍確認というのは、その人が申込書に記入した会社で本当にその人が働いていて、しかっりと収入を得ているのかということを確認するものです。

 

そのため申込者が会社にいなくても誰かがこの会社にいるということを裏付けてくれれば問題はないのです。しかしSOHOなどの自営に場合は、1人で仕事をしていて、住所はマンションの1室、電話番号は携帯となってしまうと在籍確認の前に審査も厳しいものとなってくるでしょう。

 

最近の審査はそこまで厳しくない

 

しかし、最近ではそのような働き方をしている人もとても増えてきていますので、しっかりと働いて収入を得ているのであれば、それほど厳しい条件を出していな所もあるようです。例えば確定申告書などの収入証明を提出したり、営業許可書を提出するなどすれば問題ないようです。

 

しかしその場合には融資限度額が低めに設定されてしまうこともあります。金融機関でのカードローンやキャッシングは返済能力によって限度額が決めれてきてしまうので、どうしてもこれは仕方のないことだと思います。

 

中には取引先に会社の確認を入れてくる場合もありますので、今後もことも考えて取引先に一言伝えておいた方が後後問題にならないでしょう。