休職中の職場に在籍確認がある場合、場合によっては審査で落とされることもありますので注意が必要です。

思わぬことで仕事を一時休職しなければならなくなった場合、カードローンに申し込んで借入れを行う必要が出てくることもあるでしょう。

 

休職中ということで、思うように収入が得られず、とりあえず現状を維持するために、借入れを行うことを考える方もいるはずです。しかし休職中の融資の申し込みに関しては、審査において有利な判断をされることはあまりないといえます。

 

たとえば休職中の仕事以外にも別の収入がある方や、配偶者の方の勤続年数が長く、収入も多いなど、何かしら有利に判断される材料があれば別ですが、その他に場合には収入の面で不安がある、すなわち返済能力が十分でないとみなされかねないのです。

 

休職中の在籍確認は審査落ちする可能性がある

 

休職中の方に対する審査の一環として当然ですが、職場への在籍確認が行われます。ここで問題になるのは、在籍確認のために職場に電話してもらったとしても、申し込んだ方は不在だということです。そこで電話に出た職場の方が、「○○さんは今休職中です。」と答えたとします。

 

するとカードローンの会社の担当者は申し込んだ方の勤務状態は今現在休職中という報告を入れることになります。これは当然ながら審査では不利にはたらく可能性が大きいといえます。あるいは電話に出た方が「○○さんはここにはいません。」といった受け答えをしたとします。

 

そうするとさらに状況は不利になりかねません。だからといって、職場の方にカードローン会社から在籍確認の連絡がありますので、よろしくお願いします、とリクエストするというのも、少々はばかられます。

 

結論からいうと、休職中の方は出来れば現職に復帰してから申し込みを行うことが無難ということになります。しかし休職中という状況だからこそ、借入れを行う必要に迫られているわけです。

 

どうしても借入れを行うことが必要であれば、カードローン会社の相談窓口やお客様センターなどであらかじめ相談するようにしましょう。休職中であるにも関わらず、そのまま審査に過程において在籍確認をされ、その結果審査で落とされるよりは、最初からご自分の今の状況を説明して、審査に臨んだほうがまだ可能性が出てくるといえます。