在籍確認は、消費者金融によっては自宅へ電話をかける場合も

消費者金融に申し込む際には、在籍確認を行う必要があります。

 

基本的には在籍確認は申し込んだ時に申告した勤務先やアルバイト先、派遣会社などに電話を掛けてくることにより行うものです。しかし中には非常に審査に関して慎重な消費者金融もあり、その場合は自宅に在籍確認の電話を掛けてくるということもあるのです。

 

一人暮らしの場合、本人が直接店舗に出向いたり無人機を利用して申し込むと、その時間不在ですので返って在宅確認が滞ってしまいます。もちろん消費者金融もそういったケースには慣れていますので、特にそれで問題になるということはまずありません。

 

しかし電話を掛け直すまで審査にロスタイムが生じてしまいますので、実際に融資を受けるまでにより時間がかかってしまうこともあるでしょう。もしも自宅に固定電話がある人は、消費者金融の店舗や無人機に行く前に、留守電にしておくと良いでしょう。たとえ留守電でも電話が掛かったことでその家の住人であるということが証明されれば、在籍確認が取れることもあるのです。

 

固定電話がない場合は

 

また、固定電話がないという人のでも、在籍確認を携帯電話で行うことが可能です。最近では在籍確認の方法として、固定電話よりもより普及している方法です。携帯電話ならば外出中でも電話を受けることが可能ですので、固定電話よりも便利であるというメリットがあるのです。

 

さて、もしも自宅から離れたところで借入れの申し込みをして、在籍確認の際に時間指定が可能な消費者金融の場合、自分が帰宅する時間を伝えて在籍確認の電話を掛けて貰うこともできます。

 

家族がいる場合はもちろん家族が応対することで在籍確認となります。その場合には、家族に電話をかけてくる相手の名前を伝えておくのが良く、不審な電話と思われて「分かりません」と切られてしまうこともありません。