土日祝日に即日融資を申し込むと在籍確認はどうなる?審査は長引く?

電話による職場への在籍確認というのは、クレジットカードやカードローンなどの審査を通す上で、金融会社にとってほぼ必須の作業です。

 

会社などに勤務している方にとっては平日の昼間であれば在籍確認がスムーズに取れるでしょうが、もしも土日に電話をかけてこられると会社が休みであるため、即日で在籍確認や審査終了、とはならないことが大いに考えられます。

 

なのに、土日でも申し込み受付を行い、即日融資にも対応しているキャッシング会社も多いことを踏まえると、どのようにしてそれが確実に行えるのか、不思議に思う部分も出てくることでしょう。

 

土日や祝日の即日融資でも対応できる理由

 

なぜ土日や祝日の即日融資にも対応できるのかというと、在籍確認の電話自体は平日になってから改めて行うようにし、その代わり限度額を低めに設定するようなキャッシング会社側での安全策が採られるようになったからです。

 

具体的には、審査と同時に在籍確認を済ませられるのであれば30万円の限度額が設定できるという場合でも、土日祝日であるために即日で在籍確認できないのであれば、10万円にまで引き下げて設定されるといったような措置がなされているのです。

 

もっともこういった措置をあくまでも一時的なものとみなし、平日になってきちんと在籍確認が完了すれば、それからまた改めて限度額を再設定してくれるというキャッシング会社も存在するようです。

 

そしてまた在籍確認を電話ではなく、必要書類の提出という形で確認を行っている会社もあります。その際も後日改めて電話による在籍確認を行う、というケースもあるようです。

 

できる限り電話対応できる日を選ぶべき

 

このように見てみると、土日祝日の即日融資に対応するためにも、キャッシング会社はそれなりに柔軟に業務を行っているといえるでしょう。

 

しかしそれでも、在籍確認がしっかり取れてからでないと通常望めるはずの融資額も満足には与えられないという実情を踏まえると、自身の勤務先が電話対応できる日を選んで融資申し込みを行うのが賢明なのではないでしょうか。

 

そして、どうしても土日祝日に即日融資を受けたいと思うのであれば、できるだけ時間に余裕を持って申し込みを行う必要があるということを予め理解しておいて下さい。