派遣社員が在籍確認を行う際の注意点

クレジットカードやカードローンを申し込む時に、少々面倒なのが在籍確認の電話です。

 

正社員である場合は、当然勤務先に電話がかかってくる事になります。しかし、派遣社員である場合には職種や状況により、派遣元の会社にかかってくる場合と、派遣先の会社にかかってくる場合があります。事前にカード会社に確認をとっておくとよいでしょう。

 

近頃では、個人情報に対する認識が社会全体で高まってきています。そのため、派遣会社の方針として、相手が誰かよく分らない場合には、社員の在籍の有無を知らせないよう徹底している会社も増えてきています。

 

カード会社からの電話は、金融機関とは分からないように個人名でかけてくる場合が多いので、派遣会社が在籍確認に応じない事も起こりえます。

 

派遣会社への在籍確認が行われる場合、本人が電話に応じられることは滅多に無いでしょうから、できれば、あらかじめ派遣会社と相談し、カード会社からの在籍確認の電話があることを伝えておいたほうが良いでしょう。

 

派遣先の会社に在籍確認の電話がかかってくる場合

 

一方、派遣先の会社に在籍確認の電話がかかってくる場合、電話を本人に取り次いでもらうことが可能であれば、特に問題はありません。住所や生年月日など簡単な本人確認をし、1分程度ですぐに終わるでしょう。

 

しかし、電話に応じることが出来ない場合には、問題が起こる可能性があります。この場合、電話を受け取った人がカード会社の担当者と接することになりますが、従業員数の多い会社ですと、電話口の人が派遣社員を把握していない状況も十分に考えられます。

 

その結果、勤務しているのにも関わらず、在籍確認がうまくいかないという事も起こりえます。万全を期すならば、やはり派遣先の人と事前に相談し、カード会社から在籍確認の電話があることを伝えておいた方が良いでしょう。