在籍確認の際は、事前にバイト先の人に相談するのがベター

消費者金融でキャッシングやクレジットカード、カードローンを申し込む際には、法律により在籍確認をしなければなりません。在籍確認が取れない限りは審査終了とはならないのです。そこで、なるべく迅速に融資を受ける為にも、在籍確認をスムーズに終わらせるように考えておきましょう。

 

学生や主婦で、バイト先やパート先に在籍確認の電話が掛かってくるとなると、とても不安な気持ちになりますよね。誰でも消費者金融を利用していることを仕事先の人達に知られるということは避けたいものです。そこで在籍確認の電話が掛かってきたら自分で取りたいと思うでしょうが、仕事内容によっては電話にでられないことも多いでしょう。

 

多くは接客業ですが、フロアや売り場で働いているのであれば、電話に出ることはまずできません。店舗の場合では、店長が直接電話応対を行うことが多いものです。もし信頼関係のある勤務先ならば、先に店長や事務の人に、いつ頃、消費者金融から在籍確認の電話が入るということを伝えておけばよりスムーズに事が運ぶでしょう。

 

事前に伝えた方が良い理由について

 

消費者金融としても、顧客第一の姿勢ですので、在籍確認にしても消費者金融からの電話とバレないように注意を払ってくれています。実際にはスタッフの個人名で電話を掛けてくるのですが、勤務中に個人名で電話がかかてくると、返って不審に思う人もいるのです。

 

ファミレスの店長や、会社の経営者など、社会経験が豊富な人であれば、「在籍確認?」「借金の催促?」とピン!とくるものです。しかしもしかしたら何か大切な用事か、身内に不幸でもあったかも知れないしなどと思うと、親切心から「ご用件をお伺いしましょうか?」と突っ込んでしまう可能性もあるのです。審査に通っても信頼関係を損ねることになり兼ねませんので、なるべく事前に伝えておくことが良いでしょう。