カードローンの金利を下げたい時に確認するポイント

カードローンを利用し始めたものの、ある程度使っているうちにやはり金利が高いと感じることはあるかもしれません。

 

金利が高いと感じるということは、返済も少ししんどくなってきているはずです。まだ何とかやりくりできてるうちは良いですが、早めに対策を立てていかなければ悪循環に陥ってしまう可能性もあります。

 

そのような時には、金利が下げられないか確認してみると良いでしょう。利用規約などにもよりますので、必ずしも金利を変えられるか分かりませんが、場合によっては変更できることもあるのです。

 

今回は、カードローンの金利を下げたい時に確認しておくべきポイントについて説明します。

 

金利の変更には借入限度額の変更も伴う

 

金利を変更する際には、借入限度額も変更することになります。

 

この2つは一体となっていますので、借入限度額の変更を希望しなくても同時に見直しを行い審査されることになるのです。

 

金利を下げるように見直しを行えば、限度額も高くなるかもしれませんが、使い過ぎに気を付けておけば高い方が便利な面もあります。

 

そもそも金利を変更できるカードローンか

 

カードローンの金利は、変更できる場合とそうでない場合の両方が存在しています。もし変更できないカードローンなら、その後に変更することはできないので、下げることもできません。借り換えなどをして、別のカードローンを利用するといった方法を考える方が良いでしょう。

 

自分が利用しているカードローンの金利が変更できるかを確認したいという場合には、利用規約を読むと記載されているので、よく読んでみてください。

 

これからカードローンを利用することを検討しているという場合でも、利用規約をよく確認しておくことは重要です。金利の変更だけでなく、利用規約に記載されている内容はよく理解してから契約するようにしましょう。

 

金利が変更可能なカードローンは便利ですし、特に長い期間利用するならば変更可能であることは利点となりますので、しっかり確認しておきたいところです。

 

信頼されているかどうか

 

金利が変更可能だとしても、すぐに変更できるかどうかは別問題です。実際に変更するためには、審査を受けて合格する必要があります。したがって、業者からの信頼が高くなければ審査に通ることが難しくなってしまうのです。

 

どの程度の信頼なのかは自分ではなかなか分からないものかもしれませんが、まずはこれまでの利用実績がしっかりしたものであるかどうかは重要なポイントです。返済期日を守ってある程度の期間ちゃんと利用してきていれば信頼度も高くなるでしょう。また、当然のことながら収入の高さなども重要視されます。

 

申し込みをしてからすぐの場合は、利用実績もそれほどありませんし、収入面が高くなるということもなかなかないでしょうから、金利の変更は難しいかもしれません。

 

やはり一般的には、ある程度の時間を積み重ねていった方が、信頼される傾向にあります。比較的小さな額であったとしても、利用を続けて期日までに返済を完了する、という繰り返しが信頼を高くする近道でしょう。

 

もし、カードローンをある程度利用したことがあるのであれば、一度業者の窓口へ相談してみると、良いアドバイスを貰えることもありますので、相談してみるということもオススメします。